ご遺骨に関するお悩みを解決します

私たちにご相談ください

「絆の会」は、大切な家族を亡くされた方のサポート活動を中心に、余計なお金を掛けない葬儀を推進し、
残されたご家族の喪失感を癒す「グリーフケア」に取り組むため、
2008年3月31日に千葉県知事より認証を受けた特定非営利活動法人(NPO法人)です。
特定非営利活動法人 千葉県知事認証 指令5550号

NPO法人絆の会とは

遺骨をどうしよう… 遺骨に対する悩みに関する支援プラン


これからが心配… 火葬式から埋葬まで全て含んだ絆プラン


自宅に保管したままの「遺骨」の問題…
「供養難民」が増えています

金銭的な理由のみならず、お墓の維持の問題や後継者不在など、理由は様々ですが、供養したい気持ちはあっても遺骨を直ぐにお墓に納骨できず、「自宅で保管している」方が増えてます。
私たち絆の会は、このような遺骨の行方が決まずに悩んでいる方々にNPO法人だからできる支援をしたいと考えました。
供養する方のお気持ちを考慮し、一定期間の遺骨の預かり(預骨)だけでなく、その後の埋葬方法は海洋散骨の他、合祀墓での供養と合同墓での供養もご提案させていただきます。


ご遺骨のお預かりについて

絆の会では、ご遺骨をお預かりする際に必ず遺骨をパウダー化(粉骨)の処置をさせていただきます。
預骨期間は1年間です。期間内に埋葬方法が決まらない方やその他事情のある方はお預かり期間の延長も可能です。(別途料金が掛かります)
預骨期間内のお参りも可能です。

お預かり施設:千葉県印西市木下東1-15-5 月のあかり印西ホール2F


ご遺骨のパウダー化について

金属等の異物を除去し、乾燥した後にご遺骨を粉末状(パウダー化)にいたします。 (全ての工程は自社にて行っております)
パウダー化することにより、ご遺骨の容積は1/4~1/2程度に減ります。
容積が減ることにより、新しいかたちの合同墓への埋葬も可能です。
また、パウダー化したご遺骨の一部を手元供養としてご自宅に持ち帰られる方もいらっしゃいます。

※海洋散骨をする場合は粉骨が義務付けられています。